密葬と組み合わせることができるお別れ会または偲ぶ会の葬儀

昔ながらに行われてきた葬儀も種類があります。密葬は、一般的には、親族以外の人たちを呼ばずに身内だけで行う葬儀になります。故人が生前、会社を経営している人の場合には特に行われています。多くの参列者が訪れることが分かっているときには、一般的な葬儀でも非常に時間がかかってしまい、簡単に終わらないものです。そこで身内だけで密葬の葬儀を行うことで、火葬を済ませることができます。

このまま終わりでは参列できなかった人たちの不満が残ってしまうため、後日お別れ会や偲ぶ会を設けます。このお別れ会や偲ぶ会は、無宗教で行う告別式のことを指していましたが、最近では密葬を行った後にお別れ会や偲ぶ会を行うことが一般的になりました。後日改めて本来の葬儀の告別式を行うこともあります。このときには親族が参列せずに密葬の時に参列できなかった人たちが行う葬儀になります。

喪主になる人は2回行うことになりますが、このような方法を採用することで、時間の短縮を行うことができます。しかも、1度に行う場合には、葬儀は一日で終わらないこともあるので、こちらの方法を採用することで円滑に行うことができます。このお別れ会や偲ぶ会を行う会場は、故人の自宅よりも葬儀会社の会館やホテルなどを利用するケースが増えています。

終活をしている人のなかには、エンディングノートにこのやり方を記載する故人もいるほど希望の多いかたちとなっています。多くの参列者が訪れることが予想できる場合にはこちらの葬儀を行うことで、適切な対応ができます。