変わった葬儀、故人が参加できてしまう生前葬

葬儀は、本来故人が亡くなった時に最後のお別れなどを行う儀式になります。参列する人は故人の親族や生前親交のあった友人や知人がメインとなります。そのため故人が自分自身の葬儀に参加することができず、どのような内容か知らないものです。最近では、元気な時に自身の葬儀を自分自身で行う生前葬を行う人が増えています。

非常に違和感のあるものですが、自分自身の意見を100パーセント通して葬儀を行いたいと希望するときに行われるものです。本来であれば出席できない故人が参加するので多少の違和感はありますが、自分と縁のあった人たちがどのようなお別れをしてくれるか非常に気になる人は、こちらの葬儀を行うことで、最後のお別れを直接することができます。葬儀については、終活によるエンディングノートで希望を遺族に伝えることが出来ますが、故人の思い通りのやり方をするなら、この生前葬が1番適しているものになります。  

この生前葬を行うときに注意したいのが、生前葬の認知度がまだ低いためにデメリットがあることです。基本的には、この生前葬を行えば実際に故人が亡くなった後は火葬のみを行えば問題ありません。しかし、実際に亡くなった時にもう一度葬儀を行うケースもあり、遺族にとっては二度手間となってしまう可能性があります。また、友人や知人のなかにはこの生前葬について否定的な人もいるでしょう。本人が亡くなっていないのに葬儀を行うことが非常に不適切なものだと考えている人もいるからです。参列してもらいたい人たちには事前に説明をしておき、きちんと理解を得て出席してもらいましょう。