遠方の参列者に配慮した葬儀である一日葬

昔であれば葬儀も近くに住んでいる人が参列することが一般的でした。親族だけでなく近隣住民の人たちが参列し、昔の村社会で行われていた葬儀であれば、遠方から訪れる親族や参列者は少なかったと言われています。しかし、最近では親族であっても遠方に住む家族もあり、飛行機や長距離移動しないといけない家族にとっては、2日間の葬儀に参列することは、非常に大変なものになりました。内容によっては、2日間で帰れることができず、1週間程度故人の家やホテルに宿泊することが必要な場合があります。家族で参列することになると交通費についても馬鹿にならないものです。しかも、香典などの負担もありますから、参列を遠慮するというケースも出てきました。

この問題は、日程を短くすることで解決につながります。葬儀の1日葬については、お通夜を簡略化、または行わないやり方を採用していることで、遠方から訪れる参列者の負担を軽減できることになります。宿泊する日数を少なくすることができるため、費用の出費を抑えることが可能です。葬儀に参列する負担を減らすことができるため、遠方から訪れる参列者が多くいる場合には、葬儀の種類を一日葬にすることを検討してみてはいかがでしょうか。  

この一日葬を計画していても反対する親族もいます。この葬儀に難色を示す親族が多い場合には、仮通夜などを行って理解してもらうことができます。必ずしも昔ながらの一般的な葬儀を行わなければいけないわけではありません。参列する人たちの負担のことを考えることも遺族にとっては大切です。